ファンド報告書とは何ですか?

最終更新日:2019年7月3日

ファンド報告書とは一般社団法人 第二種金融商品取引業協会の規則に基づき、ファンド組成企業が発行する書類です。

お客様が投資したファンドの出資対象事業の概況、対象期間の分配金額、ファンドの財務状況などをまとめてご報告するものですので、ご確認いただけますようお願いいたします。

ファンド報告書発行の目的

投資家の皆様にファンドの会計や運用状況について開示を行うことを目的としております。また、取扱者である当社がファンド運用開始後のモニタリングを行うにあたり重要な材料となります。

ファンド報告書をお客様に交付するまでの流れ

1. ファンド組成企業が作成・当社に交付

まずファンド組成企業がファンド報告書を作成し、二種業者である当社に交付します。

2. 当社が内容を確認

当社は交付を受けたファンド報告書を確認(モニタリング)します。

このモニタリングの際、万が一不正の疑いがあると認められる場合は速やかに調査を行い、お客様にもその旨をご連絡いたします。

3. ファンド組成企業に代わり、当社がお客様に同書面をマイページ・メールを通じて交付いたします。

ファンド報告書の発行タイミング

当社が取り扱う「貸付ファンド」のファンド報告書については、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会の規則では「各決算期(最低1年に1回)に作成する」と定められています。

これを踏まえ、Fundsでのファンド報告書をお客様に交付するタイミングは以下のとおりです。

  • 運用期間が12ヶ月以下のファンド:ファンドの運用が終了後、2ヶ月以内にお客様にファンド報告書を交付いたします。
  • 運用期間が13ヶ月以上のファンド:ファンドの運用開始から12ヶ月経過後、2ヶ月以内にお客様にファンド報告書を交付いたします。

なお、当社の「事業ファンド」ではファンド報告書の発行タイミングはファンドの計算期ごと、つまり分配タイミングと同一となります。(現在当社では「事業ファンド」の取扱実績はございません。)

貸付ファンド、事業ファンドの違いはこちらのFAQ「ファンドタイプ(貸付・事業)の違いについて」をご確認ください。

関連参考資料

お探しの情報が見つからない場合、こちらからお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

メールでのお問い合わせ