Fundsトップ

Fundsの仕組み

Fundsの仕組み

ファンド組成スキーム

Fundsは、企業が事業資金調達のために組成したファンドへ、匿名組合契約を通じて1円単位で投資できる資産運用サービスです。

スキーム図

Artboard

注意事項

Fundsで取り扱うファンドは金融商品です。Fundsでは掲載するファンド組成企業やファンドの登録を行う際に都度社内で審査を行っておりますが、金融商品である以上100%貸し倒れが起きないと言い切ることはできません。投資をする際には、ファンド詳細ページをよくご確認の上、ご自身での投資判断をお願いいたします。

特徴

当社の審査をクリアした企業のみ、Funds上で資金調達を行います

現在Fundsに参加して資金調達を行う企業は上場企業に限定しています。
また、上場企業であっても当社の定めた審査を通過しない限りFunds上で資金調達を行うことができません。

投資家が負う主なリスクは上場企業の信用リスク

Fundsでは2つの仕組みを採用することにより、上場企業の信用に基づくファンドを提供しています。

仕組み1:ファンド組成企業はグループ関係にある借り手に貸付を行う

ファンド組成企業と借り手は同一の上場企業グループに属しています。そのため、お客様の主なリスクは上場企業グループ内での利払い・返済が正常に行われるか、という点になります。

これまでの取り扱い事例

スキーム図

仕組み2:リコースローンを採用、借り手企業の事業の成否に関わらず、借り手企業の全財産が借入金の返済資源になります。

借り手企業が資金使途に明示した事業で想定したリターンを得られない場合でも、借り手企業が返済不能にならない限り、投資家の元本・利回りは確保されます。

これを、返済原資となる財産を限定するノンリコースローンと対比して「リコースローン」と言います。

事業の成否に関わらず、借り手企業の全財産が借入金の返済資源となるため、投資の際はファンドの期間、利回り、金額を始めとする情報と、上場企業グループの財務状況を必ず確認の上、投資判断を行ってください。

審査について

当社はFundsを通じてファンドを募集する立ち場として、元バンカー、公認会計士、弁護士、元株式アナリストで構成された審査部門が企業審査・ファンド審査を行います。
なお、個別案件の最終投資判断については、開示情報をご検討のうえ、お客様ご自身の責任において行なっていただきますようお願いいたします。

審査フロー

コンプライアンス体制について

当社では金融商品取引業者として、お客様本位のサービス提供、コンプライアンス遵守の業務体制構築・運営を念頭に業務を行っています。

昨今、金融機関や上場企業を中心として「3つの防衛線」というガバナンス・リスクマネジメント体制の概念が提唱されていますが、当社のガバナンス・リスクマネジメント体制についても、この「3つの防衛線」の考え方に従い体制構築を図っています。

ガバナンス体制

Fundsの特徴

現在お客様が見ているページ

Fundsの仕組み

運営企業

Fundsで貸付投資を始めませんか?

手数料0円*、最低投資単位1円〜

*お使いの金融機関により、所定の口座振り込み手数料がかかる場合があります

今すぐ無料で口座開設