貸付投資の「Funds(ファンズ)」、株式会社イントランス(東証マザーズ上場)の子会社と事業提携 インバウンド関連事業展開を目的とするファンド提供も開始

2019/05/07

プレスリリース

貸付投資の「Funds(ファンズ)」、株式会社イントランス(東証マザーズ上場)の子会社と事業提携 インバウンド関連事業展開を目的とするファンド提供も開始

株式会社クラウドポート(代表取締役:藤田雄一郎)は、株式会社イントランスの子会社でFundsでの資金調達を目的として設立された株式会社イントランスファンディングと業務提携契約を4月18日付で締結し、イントランス社が手掛ける古民家宿泊事業を出資対象とするファンドを、本日、2019年4月25日に公開したことをお知らせいたします。今後、同社はFunds上でインバウンド需要を背景とした事業展開を目的とするファンドを提供してまいります。

■株式会社イントランスについて
イントランス社は、これまで不動産の取得、バリューアップ、投資家への売却、売却後の建物管理、投資家等の販売コンサルティングまでを一貫して行う体制を強みに持ち、事業を展開していた不動産会社です。

昨年11月には、インバウンド事業の連携を前提として、合同会社インバウンドインベストメントによる公開買付が行われ、主にインバウンドをターゲットとした、宿泊施設の取得・開発及び観光周辺サービスを提供する戦略の検討を発表しております。

■Fundsを利用する目的
イントランス社は今後、「Inbound × Real Estate × Tourism」をテーマに、古民家宿泊事業・ホテル事業・横丁事業などのインバウンド関連事業を展開し、総合体験型ソリューション企業を目指してまいります。

イントランス社が展開するインバウンド関連事業には、同社への公開買付を行った合同会社インバウンドインベストメントの親会社であり、中国からの個人訪日旅行に特化した旅行会社であるETモバイルジャパン株式会社が参画しており、同社による集客も見込んでおります。

今回の当社との協業を通じて、イントランス社はインバウンド関連事業の認知拡大および日本人旅行者の集客を期待しております。

■初回ファンドの詳細

今回募集を行うイントランス・バケーションズ 京町屋ファンド#1は、イントランス社が手掛ける古民家宿泊事業を出資対象とするファンドです。利回りは4.5%(予定/税引前)、運用期間は約12ヶ月となっており、売却や運用を含めた古民家の投資収益を原資として、イントランスファンディング社へ返済を行う予定となっております。

ファンドの詳細につきましてはファンド募集ページ( https://funds.jp/fund/detail/8 )をご覧ください。