外国PEPsとは何ですか?

最終更新日:2019年1月5日

外国PEPs(外国の政府等において重要な地位を占める者)とは、外国において、以下に該当する職にある方を指します(犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則15条)。

  1. 国家元首
  2. 日本における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣に相当する職
  3. 日本における衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長又は参議院副議長に相当する職
  4. 日本における最高裁判所の裁判官に相当する職
  5. 日本における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は全権委員に相当する職
  6. 日本における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、海上幕僚長、海上幕僚副長、航空幕僚長又は航空幕僚副長に相当する職
  7. 中央銀行の役員
  8. 予算について国家の議決を経、又は承認を受けなければならない法人の役員

法律の趣旨に鑑み、下記に該当する方はFundsをご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。

  1. 外国PEPsに該当する方又は過去に外国PEPsであった方
  2. 1. に該当する方の家族(※)
    1. ※ここにいう「家族」とは以下の方をいいます。
      1. 配偶者(事実上婚姻関係にある方を含みます)
      2. 父母
      3. 子(実子以外の子を含みます)
      4. 兄弟姉妹
      5. 配偶者の父母
  3. 上記1.又は2.に該当する方が実質的支配者となっている法人

お探しの情報が見つからない場合、こちらからお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

メールでのお問い合わせ