Fundsトップ

特集「サニーサイドモール小倉のファンドを公開します」

\約1年7ヶ月ぶり/

利回り最大4%以上
ファンドが登場しました!

※37ヶ月~60ヶ月の利回り

さらに

本ファンドに投資すると、
投資金額に応じて
最大20万円分のAmazonギフト券
をプレゼントします!

サニーサイドモール小倉ファンド#1

ノンリコースローンステップアップ型利回り

予定利回り (年率・税引前)

36ヶ月まで3.8%

37ヶ月以降4.2%

利回りについて

本ファンドは運用期間の途中で利回りが高くなります。Fundsではこのような利回り設定を「ステップアップ型利回り」といいます。ただし、早期償還の可能性があります。

サニーサイドモール
小倉ファンド#1の特徴

「ノンリコースローン」スキームとは?

特定の資産・事業に投資する「ノンリコースローン」

Nonrecourse loan scheme

本ファンドは「ノンリコースローン」の仕組みを利用しています。

「ノンリコースローン」の仕組みを利用しているファンドは、借り手の特定の資産や事業、そこから得られる収入のみがローンの元利金の返済の責任範囲として設定されています。ローンの元利金の返済もその特定資産の価値のみから支払われるのが原則です。

そのため、特定の資産や事業に対する評価、収入見込みに応じた利回りや運用期間が設定されており、これまでのFundsとは異なるリスク・リターンのファンドとなっています。

本ファンドでは貸付実行後にファンド組成企業の地位移転が行われ、ファンド組成企業であるファンズ・レンディング株式会社からの倒産隔離が行われる予定です。詳しくはこちらをご確認ください。

元本の返済原資はどのように発生するのか

Nonrecourse loan scheme

借り手の特定の資産や事業、そこから得られる収入から返済されます。

「ノンリコースローン」の仕組みでは、借り手の特定の資産や事業、そこから得られる収入からローンの元利金が返済されます。本ファンドの返済原資となる収入は、主に次のような方法で発生することが想定されます。

01
売却

責任範囲である特定の資産や事業(本ファンドでは不動産)を企業やファンドに売却することで発生した収入を、ローンの主な返済原資とします。

不動産の売却額が当初の評価額を下回った場合

本ファンドでは、貸付実行時の元本(シニアレンダーの貸付元本を含みます)が当初評価額に対して80%以下になるように設計しています。したがって、不動産の売却額が当初の評価額を下回った場合でも、当初の評価額の80%までに抑えることができれば、投資家の皆様の元本償還は可能となります。

※金利部分については物件の運用益によって賄われることを想定しています。

02
借り換え

銀行などの新たな借り換え先から借りた資金を、ローンの主な返済原資とします。Fundsで借り換えの資金を調達する可能性もあります。借換資金の募集に際しては所定の審査が実施されます。

Funds↗︎Next

今後、より幅広いリスク・リターンのファンドを取り扱います。

2020年以降、Fundsでは上場企業を中心とする多数の企業に参加いただき、主に1~3%程度の利回りのファンドを提供してまいりました。また、ファンドの運用期間についても1年程度のものを主に提供してまいりました。

一方、利回りや運用期間についてもより幅広いファンドを求める声も多くいただいておりました。

この度のファンドは「ノンリコースローン」という仕組みを利用しているため、利回りや運用期間がこれまでのFundsとは異なります。

今後、Fundsはこのような仕組みのファンドも提供していくことで、投資家の皆様に、より幅広い種類のファンドへの投資機会をご提供してまいります。

投資するには口座開設が必要です

口座開設の流れ

口座開設のお申し込みは5分程。
開設は無料です。

01
icon_edit

口座開設の
お申し込み

口座開設にあたり、お名前やご住所、出金時の振り込み先をご登録いただきます。
口座開設のお申し込み最中では、いつでも入力内容を保存して途中から再開することができます。

02
icon_credit_card

マイナンバーの
アップロード

手順に従ってマイナンバーを提出してください。
お手元にマイナンバー確認書類がない場合、マイナンバーの提出をスキップして先に進むことができますが、口座開設完了には必ずマイナンバーの提出が必要です。

03
icon_mail

ウェルカムレター
の受け取り

口座開設の内容が確認でき次第、ご本人様の住所確認のため簡易書留をお送りします。

04
icon_smile

口座開設完了!

口座開設完了です!早速募集中のファンドに確認してみましょう。

口座開設はこちら