貸付投資のFundsが新たなファンドを公開 キリングループINHOP社と個人投資家の関係構築のための「INHOP新商品共創ファンド#1」〜1万円以上の投資で参加型のファンズ優待特典付き〜

2021/03/31

プレスリリース

貸付投資のFundsが新たなファンドを公開 キリングループINHOP社と個人投資家の関係構築のための「INHOP新商品共創ファンド#1」〜1万円以上の投資で参加型のファンズ優待特典付き〜

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:藤田雄一郎、以下当社)は、「Funds」上でINHOP株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:金子裕司、以下INHOP社)を借り手とする「INHOP新商品共創ファンド#1」を公開しましたことをお知らせいたします。

また、本ファンドでは、1万円以上を投資した方を対象に、投資額に応じて優待を進呈いたします。詳しくは後半の「優待について」およびファンド詳細ページ( https://funds.jp/fund/detail/inhop01)をご覧ください。

INHOP新商品共創ファンド#1を見る

INHOP社について

INHOP社は、キリンホールディングスが、マーケティングやソフトコンテンツなどのアセットを数多く保有する電通とともに設立したジョイントベンチャーです。キリンホールディングスの独自素材「熟成ホップ」の健康機能を起点として、ホップの価値を様々なシーンで提供するプラットフォームを構築するために設立されました。キリンホールディングスが同社の株の過半数を保有しています。

また、キリンホールディングスでノンアルコール・ビールテイストの機能性表示食品「キリン カラダFREE(キリン カラダフリー)」の開発に携わった金子裕司氏がINHOP社の代表を務めています。

Fundsを利用する目的

INHOP社の活動及び熟成ホップの認知を広げ、目指す社会の実現の加速化を図る。

INHOP社は「HOP for HOPE ~ホップで希望を創る~」をミッションに掲げ、ホップの新たな可能性を拡張し現代の健康課題に希望を与えていくことを目指しています。今回、個人投資家と貸付投資を通じて直接繋がることができるFundsを通じて、INHOPが提供する「熟成ホップ」を認知いただき、より多くのお客さまにご愛用頂ける商品・サービスを開発することで、目指す社会の実現をさらに加速化していきます。

また、今回Fundsで集めたお金は、発売予定の熟成ホップを用いたビジネスパーソン向け商品の販売資金等に活用します。

Funds優待について

当ファンドに1万円以上投資された方を「熟成ホップアカデミー」(以下、「アカデミー」といいます。)にご招待します。

アカデミーでは「熟成ホップの開発秘話」や「頭と食の関係」のご説明、さらには今後発売予定のビジネスパーソン向け新商品販促アイデアの募集と採用をさせていただく予定です。

初回アカデミーへ参加するとキリン独自の健康素材「熟成ホップ」を用いた商品の試供品15日分を、さらに初回アカデミー後に行われるアンケートに回答するとAmazonギフトカード500円をプレゼントいたします。

また、投資額に応じてINHOP ECサイトで使える商品券(クーポンコード)を進呈いたします。

抽選方式に応募したものの落選となった方にも、INHOP ECサイトで使える商品券(クーポンコード)500円分をお送りします。

優待や商品券の獲得には条件があります。

予定利回り・予定運用期間・優待内容等の詳細はファンド詳細ページ(https://funds.jp/fund/detail/inhop01)をご覧ください。

INHOP新商品共創ファンド#1を見る