MENU

マンション査定前に掃除したら査定額は高くなるの?高く売却するコツを紹介

マンション査定前に掃除はしておいたほうがいいのでしょうか?「掃除をしてから査定依頼しよう」と思っているうちに、タイミングを逃さないようにしたいものです。

この記事ではマンション査定前の掃除の必要性や、またマンションの査定額に影響するポイントを解説します。

ハウスクリーニングの一般的な相場も紹介しますので、汚れが気になる方や、少しでもきれいにしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

掃除をしても査定額は基本的には変わらない

「少しでもマンションの査定額をアップさせたい」と思い、念入りに掃除をする方も少なからずいます。しかし査定を受ける前に念入りに掃除をしても、査定価格が大きく変わることはありません。

そうはいっても訪問査定は室内の隅々まで調査しますので、通常通りの清掃や整理整頓はしておいた方が無難です。自分が見られて恥ずかしいと思わない程度には、きれいにしておきましょう。

念入りに掃除するなら内覧前がおすすめ

しかし掃除が無駄になることはありません。もし室内を掃除する余裕があるのであれば、内覧前までになるべくきれいにしておくことをおすすめします。おもな掃除のメリットを紹介します。

見栄えがよくなることで早期売却につながる

水回りや室内をきれいにしておくことで「清潔感のあるマンション」を印象付けることができ、整理整頓された部屋は実際よりも広く見せることができます。つまり見栄えをよくすることで、早期売却につながります。

またマンションの室内写真を見て内覧するか否かを判断する方が多いため、写真映りがよくなることで、反響が増加する効果も期待できます。

購入希望者は、意外と売主の暮らしぶりも気になるものです。丁寧に暮らしていることが伝わることで「安心して購入できるマンション」と感じてもらえるでしょう。

値引き交渉を少額にとどめることができる

買主はマンションを内覧しながら引越し後の生活を想像し、リフォームにかかる費用をある程度試算します。したがってマンションがきれいな状態であればリフォーム費用があまりかからないと判断し、購入しやすいと感じるでしょう。

しかし室内が汚れているとリフォーム費用が高額になることを想定し、その分値引き交渉しようと考えるものです。

なるべく値引き交渉されないようにするためにも、きれいな状態で内覧に応じるようにしましょう。

内覧前に掃除をするときのポイント

内覧前にきれいにするのであれば、効果的に掃除したいものです。この章では、内覧前の掃除のポイントを3つ紹介します。

汚れが目立つのは水回りと玄関

もし内覧までに時間がない場合は、とくに汚れが目立ちやすい水回りと、第一印象を左右する玄関を掃除しましょう。

水回りとはキッチン・浴室・洗面所・トイレです。汚れた状態を放置するとニオイの原因にもなります。住んでいる方は慣れてしまって感じにくいこともありますが、排水溝なども専用の洗剤などを使ってきれいにしておきましょう。

また玄関はその家特有のニオイを感じることがあります。内覧前によくない印象を与えないためにも、シューズクローゼットだけでなく靴の手入れもしておきましょう。消臭スプレーも効果的ですが、内覧前に換気もしておきましょう。

すべての部屋と収納がチェックされる

内覧時は、基本的にすべての部屋を見られることになります。リビングや寝室だけでなく、押し入れやクローゼットの中も整理整頓し、事前に換気もしておきましょう。湿気を帯びているとニオイの原因にもなります。除湿剤や湿気取りシートを活用し、日頃から換気を心がけるようにします。

また普段見えない箇所は、知らない間にカビが生えていることがあります。この機会に押し入れの中やクローゼットの奥を確認しておくとよいでしょう。クロスの表面に生えたカビは、消毒用のアルコールで拭くことで落とせますが、頑固なカビには漂白剤を使用します。くれぐれもクロスを傷めない程度にとどめ、難しい場合は不動産会社の担当者に相談しましょう。

ベランダも掃除しておく

ベランダは、意外と清掃することを見落としてしまいがちな箇所です。住んでいる方にとっては室外になり、汚れていても比較的気にならない場所かもしれません。しかし購入希望者は陽当たりや眺望を重視する方も多いため、ベランダを確認するケースは多いです。

落ち葉やゴミがある場合は掃き掃除し、できればガラスは拭き掃除をしておきましょう。また内覧時に洗濯物はなるべく干さないようにして、室内に日が入るようにすることをおすすめします。

汚れが気になる場合はハウスクリーニングを検討する

自分で掃除をしてもきれいにならない場合や忙しく掃除をする暇がないときは、汚れ具合や予算に応じてハウスクリーニングを検討しましょう。もちろん必須ではありませんが、プロによる清掃によって室内がきれいになれば、安心して内覧に応じられるでしょう。

まずは不動産会社に相談する

ハウスクリーニングは部分的なコースであれば数万円から依頼できますが、広範囲の清掃を依頼すると数十万円かかることあります。まずはハウスクリーニングが必要かどうか不動産会社の担当者に相談してみましょう。

不動産会社によってはハウスクリーニング会社などと提携しており、割引制度やお得なプランを紹介してもらえることがあります。実施した方がよい箇所なども含めて、事前に相談しておくとよいでしょう。

ハウスクリーニングの相場

この章ではハウスクリーニングをプロに依頼した場合の、一般的な相場を紹介します。複数箇所をまとめて依頼することで安くなることや、お得なパックプランが用意されていることがあります。キャンペーンを実施していることもあるため、できれば複数のハウスクリーニング会社に見積依頼して、価格を比較してから決めるようにしましょう。

清掃する箇所一般的な相場
キッチン18,000~25,000円
バスルーム16,500~22,000円
洗面所・トイレ18,000~20,000円
レンジフード16,500~20,000円
クロスの張り替え1,000円/m2
畳の張り替え1~2万円/枚
障子の張り替え2,000円/枚
ハウスクリーニングの料金相場1
ハウスクリーニングの料金相場2
リフォームの料金相場1

 ・浴室クリーニング

鏡の水アカ除去やカビ防止や防汚コートなど、オプションを追加することも可能です。上記は標準価格です。汚れやカビが多い場合は、追加費用がかかることもあります。

 ・キッチンクリーニング

ガスコンロとIHクッキングヒーターで金額が異なることがあります。またレンジフードや食器洗い乾燥機、魚焼きグリルについてはキッチンのクリーニングに含まれないことが多いので、その場合は別途依頼(オプションなど)する必要があります。

 ・レンジフード(換気扇)クリーニング

フィルターやファンだけでなく、家庭では取り外すことが難しい部分もプロなら分解して洗浄することが可能です。クリーニング後はきれいな状態を維持するために、レンジフードフィルターの利用もおすすめです。

 ・洗面所クリーニング

洗面ボールや鏡、引き出し内や小物入れ部分のクリーニングです。単独で依頼することは少ない箇所かもしれませんが、浴室やトイレと一緒に依頼することでパック料金になることもあります。

 ・トイレクリーニング

汚れやニオイが気になる場合は、実施を検討したい箇所です。手が届きにくい箇所もきれいにしてもらえます。抗菌や防汚コーティングなど、オプションが用意されていることもあります。

 ・フロアクリーニング(フローリングのワックスがけ)

家具は移動し、水拭きした後にワックスがけするのが一般的ですが、大きな家具は移動費用が発生することがあります。またフローリングの素材によっては、ワックスがけできないこともあります。

査定額に影響するポイントとは?

掃除をしても査定価格に反映されないとしたら、どのようなポイントがマンションの査定価格に影響するのでしょうか。この章では、不動産会社が査定する際にチェックする10個のポイントを紹介します。※1

  • ・立地や利便性
  • ・方角と階数
  • ・専有面積と間取り
  • ・築年数
  • ・設備の有無
  • ・内装の状態
  • ・管理費、修繕積立金の金額
  • ・施工会社、管理会社
  • ・大規模修繕の有無
  • ・共用施設

立地や利便性

マンションにとって、立地や利便性は最も重要なポイントともいえます。最寄り駅からの距離(徒歩圏内かバス便なのか)だけでなく、住環境の良し悪しや住みやすさなども影響します。

たとえば最寄り駅から徒歩10分のマンションよりも、徒歩5分圏内のマンションの方が評価は高くなります。また近くにスーパーや商業施設、小学校などがある便利なマンションは需要が見込めることもあり、その分マンションの査定額も高くなります。

方角と階数

マンションの場合、ベランダの方角や所在する階数が日当たりや眺望に影響するため、査定価格にも影響します。一般的に一番人気があるのが南向きで、次が東向きと西向き、一番評価が低くなるのは北向きです。

2方向に窓やバルコニーがある、角部屋も高く評価されます。またたとえば東京タワーや富士山などが見える場合は方角に関係なく人気があるため、その分高く評価されるでしょう。

通常階数は高い方が査定額は高くなります。しかし専用庭がある場合は、2階に比べて1階の方が高く評価されることもあります。

専有面積と間取り

マンションの査定は、まず㎡当りの単価を算出し、専有面積を乗じて査定価格を計算します。したがって専有面積が広い方が、査定価格も高くなります。しかし専有面積が広すぎる場合は需要が低くなるため、そのエリアの流通性も加味して価格を調整することになります。

また間取りもマンションの査定価格に影響します。ファミリー層が多いエリアでは3LDKなど広めのタイプに人気があり、査定価格も高めに算出されます。一方で都心部では、㎡当りの単価が高いため、比較的購入しやすいコンパクトな間取りや広さにニーズが集まり、査定価格も割高になることがあります。

築年数、構造

マンションの価値は、年数が経つに従って減少すると考えるのが一般的で、減価償却の考え方と同様です。したがって基本的には、築年数が新しい方が査定価格は高くなります。

しかし市場の動きや需要も加味されるため、中古物件の流通量が少ないエリアや時期は、通常よりも高く評価されることもあります。

また構造や耐震性能もポイントになります。1981年以前に建てられたマンションは現行の耐震基準を満たしていないことが多く、耐震補強がされていない場合評価は低くなり、査定額もその分安くなります。

設備の有無

マンションに備え付けられている設備の有無が、マンションの査定額に影響します。たとえばディスポーザーは個別に設置することができる設備ではないため、ディスポーザーがあるマンションは人気があり、査定価格にも反映されます。ほかにもマンション全体で導入している警備システムや、設置に費用がかかる床暖房など、備わっている設備によって査定額も高くなる傾向があります。

内装や設備の状態

築年数が新しいマンションで内装の状態がよい場合は、リフォームする必要がないため、その分高く評価されます。

しかし浴室やキッチンなどの状態が築年数のわりによくない場合は、リフォーム費用が多額になることを想定し、通常のよりも査定額が下がることもあります。

管理費、修繕積立金の金額

管理費や修繕積立金の金額は、マンションごとに異なります。また大規模修繕工事に向けて段階的に値上げする計画をしていることが多く、同じマンションでもタイミングによって高くなることもあります。

マンション査定においては、月々の修繕積立金の負担が大きいマンションは評価が低く、査定額も低くなります。買い手にとって月々の負担額が大きいことは購入の妨げになることもあり、流通性にも影響します。

施工会社、管理会社

マンションは施工会社や売主が、名の知れた大手企業である場合はプラスの評価になり、査定価格も高くなることがあります。安心感が得られることで人気があり、売りやすい傾向にあるのがその理由です。なかにはブランド力があるマンションもあり、デベロッパーを限定して探す買手が存在するほどです。

大規模修繕の有無

大規模修繕工事後のマンションは外観がきれいになり、しばらくは工事の煩わしさに悩むこともないことから人気があります。その分評価が高くなり、査定価格もアップする傾向があります。また大規模修繕工事が適切な時期に行われていることで、管理状況がよいと判断することもできます。

共用施設

マンションによっては共用施設が充実しており、その共用部分の設備の有無がマンションの査定価格にも影響します。

たとえば以下の共用施設やサービスがあるマンションは、プラス評価される傾向があります。

  • ・オートロック
  • ・宅配ボックス
  • ・ディスポーザー
  • ・ゲストルームやキッズルーム
  • ・フィットネススタジオやトレーニングルーム
  • ・ラウンジやライブラリー
  • ・駐車場や駐輪場
  • ・集会室や多目的ルーム
  • ・コンシェルジュやフロントサービス
  • ・コンビニ

まとめ

マンション査定前に念入りに掃除したとしても、査定が大きく異なることはありません。しかし内覧前にきれいな状態にしておくことで早期成約が期待でき、値引き交渉も少額に抑えることができるかもしれません。

掃除のポイントをおさえて、効率よく掃除をしておきましょう。忙しくて清掃が難しい場合は、プロにホームクリーニングを依頼する方法もあります。汚れ具合や予算に応じて検討しましょう。

ホームクリーニングを実施するか否か迷う場合は、したほうがよい箇所なども含めて不動産会社に相談することをおすすめします。


※1:不動産売却価格ご提案書

手間なくマンション売却するなら、まずは無料査定!

uruimage_cta_001

マンションを高く早く売るためには、不動産会社や査定価格を比較し、 自分に合った不動産会社を選ぶことが重要です。

不動産一括査定の「ウルハウス」では、マンションの査定から売却完了まで専門家がフルサポート!
厳格な基準から厳選した大手の優良不動産会社とのマッチングが可能のため、手間要らずで、マンションが高く早く売れるサービスを実現しています。登録1分、査定無料でまずは気軽に相談してみましょう。

目次