からだにユーグレナファンド#3

株式会社ユーグレナ
株式会社ユーグレナ
運用中

投資受付金額

244,112,373円/300,000,000円

からだにユーグレナファンド#3
81%
投資申込み
先着

投資申込の前に取引書面の内容を
必ずご確認ください。

基本情報

ファンドの条件

予定利回り
(年率・税引前)
1.60%
予定運用期間
23ヶ月

2022/12/262024/11/29*予定

募集金額
300,000,000円
元本償還方法
満期一括
利益配当方法
毎四半期
担保・保証
担保なし保証なし
最低成立金額
30,000,000円
資金使途
下記参照

ファンドの条件の定義

投資申込方法

募集方式

ファンド予約対象

ファンド予約対象

抽選募集なし

抽選募集なし

先着募集あり

先着募集あり

  • 抽選募集:このファンドでは抽選は実施しません。
  • 先着募集:2022/12/7 19:00 〜 2022/12/19 15:00で投資申込を受け付けます。

決済方法

Fundsデポジット口座

Fundsデポジット口座

  • 当ファンドへの投資申込にはお客様専用のFundsデポジット口座をご利用いただきます。
  • 投資申込前もしくは投資申込後所定の入金期限日までに、投資に必要な金額をデポジット口座にお振り込みください。入金方法の詳細はこちらのページをご確認ください。

スケジュール

2022/12/7 19:00

先着募集 募集開始

2022/12/19 15:00

先着募集 募集終了

2022/12/26

運用開始日

利息が発生する期間

2024/11/29

運用終了日(予定)

2024/12/25

最終分配日(予定)

企業情報

参加企業

参加企業の詳細はこちらのよくあるご質問をご確認ください。

株式会社ユーグレナ

株式会社ユーグレナ

上場 2931

company performance summaryこの企業の実績

運用終了ファンド数

2

正常償還率

100%

正常償還率とは

ファンドの枠組み

投資家
投資家
投資
分配
ファンド組成企業

ファンズ・レンディング

未上場

ファンズ・レンディング
貸付
利払い
返済
借り手

ユーグレナ

上場 2931

ユーグレナ

その他の企業

ファンズ・オペレーション合同会社

地位移転ビークル

ファンズ・オペレーション合同会社

未上場

ファンドの資金使途

※お客様への分配は、借り手からの利払い・返済に連動し、当ファンドで集めた資金で行う事業の成否とは直接連動しません。以下の内容は事業理解の参考としてご確認ください。

このファンドで集めた資金は

ユーグレナ社の一般事業資金に利用します

微細藻類ユーグレナの活用を起点に、多角的に事業を展開するユーグレナ社

karadanieuglena01 img01

東証プライム市場に上場するユーグレナ社(証券コード:2931)は、栄養豊富で油脂も生成する微細藻類「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」の屋外大量培養に世界で初めて成功したバイオテクノロジー企業です。

東大農学部発ベンチャーでもあるユーグレナ社は、様々な領域で研究開発を展開し、その成果を各事業に応用しています。特に独自素材である微細藻類ユーグレナに関しては、屋外大量培養や機能性に関する研究開発を長年推進し、ユーグレナを活用した機能性食品や化粧品、バイオ燃料、飼料、肥料など、事業領域を拡大しています。

ユーグレナ社の主力は、機能性食品や化粧品の製造販売を中心とするヘルスケア事業です。また、バイオ燃料事業の商業化を目指し、2025年には商業プラントが完成する予定です。

karadanieuglena01 img02

「青汁」キューサイ社を買収、2021年の売上高は344億円

karadanieuglena02 img03

2021年12月期の業績は、売上高34,420百万円、営業損失6,565百万円、経常損失6,354百万円、純損失5,038百万円、調整後EBITDA1,369百万円でした。期中には「青汁」で知られる健康食品通販のキューサイ社株式を共同取得し、同年6月末をみなし取得日として連結子会社化しています(注1、2)。

引き続き成長を目指すユーグレナ社は、2022年12月期には業績予想として過去最高の売上高である44,000百万円、調整後EBITDAは2,100百万円を見込んでいます。さらに、ヘルスケア事業の持続的成長、バイオ燃料事業の商業化により、 2026年度以降には売上高1,000億円相当を目指しています(注3)。

karadanieuglena02 img04

(注1)ユーグレナ社の2021年12月期は15ヶ月決算(2020年10月1日〜2021年12月31日)で、同社が買収したキューサイ・グループの6ヶ月分が連結されています。このように単純に前年同期で比較できないことから、文中では前期比を明記していません。

(注2)「調整後EBITDA」は、キャッシュ・フロー創出力を示すユーグレナ社独自の財務指標で、EBITDA(営業利益+のれん償却費及び減価償却費)+助成金収入+株式関連報酬+棚卸資産ステップアップ影響額、として算出されています。

(注3)ユーグレナ社によると、売上高1000億円「相当」という表現は、エネルギー・環境事業において2022年2月時点でユーグレナ社のパートナー候補と協議中である商業プラントでの生産・販売量の持分相当額を、同社の連結損益計算書において売上高として認識する場合を想定しているとのことです。

ヘルスケア事業を軸に経済・市場動向に左右されない成長を目指す

karadanieuglena01 img05

2021年12月期は過去最高の売上高を達成しています。2021年12月期は変則決算で15ヶ月決算となったため、第4四半期までの12ヶ月間としても、キューサイ社の買収の影響を除いたヘルスケア事業の売上高は2018年9月期を上回り、過去最高となっています。

karadanieuglena03 img06

主力のヘルスケア事業では、ユーグレナ粉末等を活用した機能性食品や飲料等の開発・販売および、ユーグレナ粉末を加水分解したユーグレナエキス等を活用した化粧品の開発・販売しています。

また、「lavita(ラビタ)」や「CONC(コンク)」などの新ブランドをローンチするとともに、グループ傘下の会社では、キューサイ社の「ひざサポートコラーゲン」や「コラリッチ」、MEJ社の「C COFFEE」など、様々な健康食品や化粧品を展開しています。

karadanieuglena03 img07

成長市場と新規市場で事業を展開

経済・市場動向に左右されない成長に向け、ユーグレナ社では今後、「バイオ燃料領域」「ヘルスケア領域」「新規サステナビリティ領域」を軸とした事業ポートフォリオを展開していく方針です。

karadanieuglena01 img08

「バイオ燃料領域」では、2025年に完成を計画する商業プラントの収益ポテンシャルとして、売上高500億円を見込んでいます(注4)。

「ヘルスケア領域」では、 既存ブランドの拡充や新規ブランド開発を推進し、持続的な成長を目指しています。

「新規サステナビリティ領域」では、サステナビリティ志向やライフサイエンス発展による将来的な市場創出が見込まれる 「アグリテック」「バイオインフォマティクス」「ソーシャルビジネス」に注力していく方針です。

ユーグレナ社では当面、ブランド群を更に育成してブランドポートフォリオの分散と成長領域への投資を図るとともに、通販のマーケティングやCRMのデジタル化の推進、ならびに消費者が商品を手に入れやすいようにスーパーやドラッグストアなどで流通のマルチチャネル展開を進めていく戦略を推進していく方針です。

(注4)ユーグレナ社では、2021年の海外市場平均取引価格を参考にバイオ燃料価格200円/Lを想定し、同社持分相当の生産量250,000KL/年に基づき、売上高を500億円と試算しています(2022年第3Q時点のバイオ燃料価格は約360-400円/L前後)。

豊富な栄養素を含む健康食品「からだにユーグレナ」

ユーグレナ社のヘルスケア事業における主要商品は、「細胞から元気なカラダへ」をコンセプトとした健康食品「からだにユーグレナ」です。

karadanieuglena01 img09

同商品は、人間の体に大切な栄養素59種類が含まれているユーグレナを摂取できる飲料・サプリメントで、すべての商品が国内製造、保存料・合成着色料・人工甘味料不使用、カフェイン・トランス脂肪酸フリーです。

karadanieuglena01 img10

主原料である「石垣島ユーグレナ」は、からだに消化・吸収されにくいとされる「細胞壁」をもたないため、栄養が体内に吸収されやすい特長があります。また、野菜に含まれるビタミン、ミネラルから動物に含まれるアミノ酸、魚に含まれるDHA・EPAなど、豊富な栄養素を含んでいます。

karadanieuglena01 img11

事業を通じて持続可能な成長を目指す

今回ファンドで集められた資金は、サステナビリティ(持続可能性)を軸にヘルスケア領域やバイオ燃料領域などで事業を展開するユーグレナ社の一般事業資金に充てられます。

ユーグレナ社は現在、経営哲学として「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」を掲げ、 顧客や投資家が同社の展開する事業や商品に触れることがサステナブルになる世界を目指しています。

karadanieuglena01 img12

ユーグレナ社ではソーシャルビジネスの一環で、ユーグレナ商品の売上の一部でユーグレナ入りのクッキーをバングラデシュの子どもたちに給食として提供する「ユーグレナGENKIプログラム」という活動を、2014年より続けています。ユーグレナクッキーの配布数は2022年7月時点で1,400万食を超えています

このようにユーグレナ社は、さまざまな事業を通じて持続可能な成長を目指しています。

karadanieuglena01 img13

【Funds優待】「からだにユーグレナ 睡眠・ストレスWサポート 機能性表示食品のお試し用(21粒)」をプレゼント

今回、5万円以上を投資した投資家に対し、睡眠の質(注1)改善、ストレス緩和(注2)にWで働く「からだにユーグレナ」初の機能性表示食品で、自然豊かな石垣島で育ったユーグレナ由来の栄養が同時に摂取できる「からだにユーグレナ 睡眠・ストレスWサポート 機能性表示食品のお試し用(21粒)」(目安量:1日3粒/7日分)をプレゼントします。

「からだにユーグレナ 睡眠・ストレスWサポート 機能性表示食品」(以下、本品)は、「ストレスでぐっすり眠れない。」「睡眠の質を高めて、スッキリした目覚めで健やかで活動的な毎日を送りたい」方におすすめです。

karadanieuglena01 img14

※画像は目安量30日分(90粒)の製品ですが、今回お届けの優待品はお試し用の目安量1日3粒/7日分(21粒)です。

消費者庁に提出されている届出表示によると、本品には、ユーグレナ社が石垣島で生育している独自素材「ユーグレナグラシリス由来パラミロン(β-1,3-グルカンとして)」が含まれています。

ユーグレナグラシリス由来パラミロンには、作業時の一時的なストレス(イライラ感、緊張感)を緩和する機能、睡眠の質(眠りの深さ、すっきりとした目覚め)を改善する機能があると報告され、その機能性は研究レビューを通じてエビデンスを評価したものです。

備考

  • 本品は、事業者の責任において科学的根拠よる特定の目的が期待できることを表示できることを消費者庁長官に届出されたものです。特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

  • 本品は疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

(※ユーグレナ社のサイトに移動します。)

(注1)ユーグレナ社によると、「睡眠の質」とは、眠りの深さ、すっきりとした目覚めのことを指します。

(注2)ユーグレナ社によると、「ストレス」とは、作業時の一時的な緊張感などを指します。

利用条件など

  • 当ファンドに5万円以上投資したお客様を対象に、「からだにユーグレナ 睡眠・ストレスWサポート 機能性表示食品のお試し用(21粒)」(目安量:1日3粒/7日分)を郵送いたします。

  • Funds優待は、2023年2月末をめどにFundsにご登録頂いている住所に郵送いたします。発送は株式会社ユーグレナが行います。

  • Funds優待の転売はご遠慮ください。

Fundsを利用する理由

ユーグレナ社は、資金調達チャネルの多様化、個人投資家とのコミュニケーション強化を図るためにFundsにご参画いただきました。投資家の皆様へのメッセージを下記に掲載しています。ぜひご確認ください。

リスク

このファンド特有のリスク

  • 当ファンドの借り手企業である株式会社ユーグレナの業績悪化、競合との差別化が図れなくなった場合など、予定された利払いがなされず、また、元本の返済がなされないリスクがあります。 そのような場合、お客様の出資した元本額が欠損する場合があります。

その他、Fundsで取り扱うファンド共通のリスクについてご確認ください

Fundsで取り扱うファンド共通のリスク

注意事項

このファンド特有の注意事項

  • 当ファンドを組成するファンズ・レンディング社は、当社の100%子会社です。
  • クーリング・オフ制度の適用はありません。
  • 運用開始までの資金を預金にて分別管理します。
  • 決算期ごとにファンド報告書を発行します。

「重要事項説明書」に当ファンドの条件や注意事項などをまとめています。投資の前に必ずご確認ください。

Fundsで取り扱うファンド共通の注意事項

  • Fundsでは、お客様専用デポジット口座に入金する際の各金融機関が定める振込手数料以外の手数料はかかりません。詳しくは、こちらの記事をご確認ください。
  • 目標金額に達しなかった場合や超過した場合の扱いについては、こちらの記事をご確認ください。
  • Fundsで取り扱うファンドは元本を保証するものではありません。
  • Fundsで取り扱う貸付ファンドでは、借り手が期限前に借入金の返済を行うことができます。この場合ファンドも早期償還となり、借入期間が短くなることで借り手の利息支払額が軽減される結果、配当金も当初予定額を下回る可能性があります。
  • 本ページに掲載された財務情報は、原則として当ファンド公開時点で公表済みの確定した直近の通期決算に基づいています。上場企業であるなどの理由により、ファンド公開日以降に新たな財務情報が公表される場合がありますが、当該情報は各企業のWebサイトや開示システム(EDINETTDnetなど)をお客様ご自身でご確認ください。
  • 本ページに掲載された過去実績の数値は、お客様の将来における運用成果などをお約束するものではありません。
  • 当社は、ファンド組成企業から入手した資料の調査等を行い、財務状況、事業計画の内容及び資金使途等の項目について審査を実施しております。審査の結果、当ファンドの取扱いが承認されております。
  • 投資のお申し込みに際しては、ファンドの詳細やリスク説明、重要事項説明書などをよくお読みになり、内容について十分にご理解いただき、投資判断はお客様ご自身にて行っていただきますようお願いいたします。

このファンドの募集は終了しております。
Fundsでは過去に募集したファンドの詳細ページを参考情報として掲載しておりますが、サイト全体のデザイン変更、企業情報の更新等に伴い、表示形式及び内容が募集当時と異なっている場合がございます。ご了承ください。

FacebookTwitterInstagramLine

貸付ファンドのオンラインマーケットFundsは、ファンズ株式会社が運営を行っております。

ファンズ株式会社 第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3103号
加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会

©Funds, Inc.All Rights Reserved.