ADワークスグループサステナブルファンド#5

株式会社ADワークスグループ
株式会社ADワークスグループ
先着募集中

投資受付金額

117,319,042円/200,000,000円

ADワークスグループサステナブルファンド#5
58%
投資申込み
先着

投資申込の前に取引書面の内容を
必ずご確認ください。

基本情報

ファンドの条件

予定利回り
(年率・税引前)
2.00%
予定運用期間
11ヶ月

2024/7/12025/5/30*予定

募集金額
200,000,000円
元本償還方法
満期一括
利益配当方法
毎四半期
担保・保証
担保なし保証なし
最低成立金額
20,000,000円
資金使途
一般事業資金

ファンドの条件の定義

投資申込方法

募集方式

ファンド予約対象

ファンド予約対象

抽選募集なし

抽選募集なし

先着募集あり

先着募集あり

  • 抽選募集:このファンドでは抽選は実施しません。
  • 先着募集:2024/6/12 19:00 〜 2024/6/24 15:00で投資申込を受け付けます。

決済方法

Fundsデポジット口座

Fundsデポジット口座

  • 当ファンドへの投資申込にはお客様専用のFundsデポジット口座をご利用いただきます。
  • 投資申込前もしくは投資申込後所定の入金期限日までに、投資に必要な金額をデポジット口座にお振り込みください。入金方法の詳細はこちらのページをご確認ください。

スケジュール

2024/6/12 19:00

先着募集 募集開始

2024/6/24 15:00

先着募集 募集終了

2024/7/1

運用開始日

利息が発生する期間

2025/5/30

運用終了日(予定)

2025/6/25

最終分配日(予定)

企業情報

参加企業

参加企業の詳細はこちらのよくあるご質問をご確認ください。

株式会社ADワークスグループ

株式会社ADワークスグループ

上場 2982

company performance summaryこの企業の実績

運用終了ファンド数

28

正常償還率

100%

正常償還率とは

ファンドの枠組み

投資家
投資家
投資
分配
ファンド組成企業

ジュピター・ファンディング

未上場

ジュピター・ファンディング
貸付
利払い
返済
借り手

ADワークスグループ

上場 2982

ADワークスグループ

その他の企業

ファンズ・オペレーション合同会社

地位移転ビークル

ファンズ・オペレーション合同会社

未上場

ADワークスグループ、社会課題の解決によって企業価値を向上へ

adwgsustain01 img01

富裕層を中心とした機関投資家・事業法人に向けて収益不動産を開発・販売する株式会社ADワークスグループ(証券コード:2982、以下「ADWG」)は、サステナブルな社会の実現への貢献と企業価値の向上に向けた重要な経営課題として、4つのマテリアリティ(重要な経営課題)を掲げています。

活かしてつなぐ不動産再生

世界的な社会環境の変化や危機に対し、ADWGグループが主力とする収益不動産販売事業を通じた社会課題の解決を目指しています。

働きがいとイノベーションの創出

人的資本の強化や革新的技術の追求によって競争優位の源泉を確立し、ADWGグループの持続的かつ加速度的な成長の促進と、社会への提供価値の最大化を目指しています。

安心と安全の提供

時代とともに変化するステークホルダーのニーズへ適合し、信頼を獲得し続けることを目指しています。

企業価値を高めるガバナンス強化

激しい変化に柔軟に適応し、持続的に企業価値を向上させるべく、ガバナンス体制の継続強化とステークホルダーとのパートナーシップの発揮を目指しています。

ADWGグループが目指す姿

adwgsustain01 img02

ADWGグループは、マテリアリティの各項目において以下の通りビジョンを掲げています。

「活かしてつなぐ不動産再生」を通じ、社会課題を解決へ

  • 不動産と地域社会の活性化に寄与し、ステークホルダーの期待に応える。

  • 不動産の再生事業を通じて、より環境と社会にやさしい不動産へ昇華させ、循環型社会に寄与する。

「働きがいとイノベーションの創出」を通じ、成長源泉を創出へ

  • 多様な人材が個性を発揮し、自ら進化し続けられる組織文化を醸成することで、企業成長を加速する。

  • 社内外の多様な知見やテクノロジーを柔軟に組み合わせることで、社会に価値を提供し続ける。

「安心と安全の提供」を通じ、ステークホルダーの満足を追求へ

  • ステークホルダーとの適切なコミュニケーションを継続し、社会的信頼を構築し続ける。

  • 高い防災性を備えた不動産の提供によって、安心・安全な地域社会の実現に寄与する。

「企業価値を高めるガバナンス強化」を通じ、経営基盤を強化へ

  • 意思決定の迅速化と透明性向上を図り、社会・環境変化に柔軟に対応していくことをもって企業の持続性を高め、あらゆるステークホルダーの期待に応える。

  • 人権尊重を含めたコンプライアンス意識の高い組織風土を醸成し、ステークホルダーから信頼を獲得し続ける。

環境ニーズに対応したオフィスビルを開発

adwgsustain01 img03

ADWGグループが環境ニーズに対応して開発した「アリスト大名」

ADWGグループは、マテリアリティ4項目の中で特に「活かしてつなぐ不動産再生」に注力し、その推進に際して以下の方針で取り組んでいます。

  • 社会・環境ニーズに適した不動産の企画

  • ダイバーシティ・ウェルビーイングの実装

  • 不動産における環境認証の積極取得

  • コミュニティ活性化に寄与する不動産企画の推進

  • 再エネ・省エネ設備の導入活用と環境負荷の低い建材の活用

ADWGグループは、博多エリアの中心地、天神・大名に建設したコンパクトオフィス「アリスト大名」(福岡市中央区)の開発で環境ニーズに対応した設計を施し、建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」で4つ星を獲得しました。

また、「グリーンローン原則」及び「環境省グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン」の「グリーンローンに期待される事項」に従ってグリーンローンフレームワークを策定し、国内初となる外部格付機関(株式会社格付投資情報センター)によるESG評価がついた初の融資型クラウドファンディングによるファンドを組成しました(グリーンローンフレームワークの詳細はこちら)。

「アリスト大名」では、室内外の空気を効率的に喚起する「全熱交換機」や、高い断熱性能と日射遮蔽性能を両立する「Low-E複層ガラス」が採用されたほか、水資源の有効活用を目的として、従来より少ない消費量で機能する「節水型衛生器具」が設置されています。

このようにADWGグループは、社会・環境に配慮しながら不動産の市場価値を高めて事業を展開しています。

サステナビリティ活動を重視

adwgsustain01 img04

ADWGグループは、サステナビリティ活動を推進しています。

主力の不動産再生事業を展開することで、不動産の再生によって人々の生活や社会活動の活性化を促すことを経営方針に掲げ、社会に提供する価値を極大化するとともに、企業価値の向上を目指しています。

2021年には、事業活動を通じて持続可能な社会の発展への貢献を目指すことを目的として、ADWGグループの役職員を構成メンバーとする「サステナビリティ委員会」を設置しました。

収益不動産ソリューション事業を主力とする東証プライム上場企業

adwgsustain01 img05

東証プライム市場に上場するADWGグループは、主力の収益不動産ソリューション事業において、首都圏・関西圏をはじめとして地方中核都市を中心に一棟型のビルやマンションを購入し、ニーズに応じた商品企画、内装や設備のリノベーション、法的適合性の検証、リーシング(賃貸支援事業)などによって資産の価値向上(バリューアップ)を図ったうえで販売しています。

販売後も当該収益不動産の維持・管理を行うことにより、顧客に対して永続的な投資ソリューションサービスを提供しています。

adwgsustain01 img06

業績情報

第1次中期経営計画3ヵ年の状況

adwgsustain03 img07

第2次中期経営計画の業績サマリ

adwgsustain03 img08

ADWGグループは、2021年12月期から2023年12月期を対象期間とする第1次中期経営計画で掲げた税前利益の目標を達成しました。

2024年2月、第2次中期経営計画(2024年12月期~2026年12月期)を発表し、事業成長を軌道に乗せ、同時に持続可能な社会への貢献を行う「Sustainable Business, Sustainable Growth」をテーマに、より耐久性・機動性・柔軟性を持ったグループへと成長を目指す方針を掲げています。

ADWGグループの期初計画達成率

adwgsustain03 img09

ADWGグループは、FY2013以降、決算短信にて公表した期初計画をほぼ100%達成しています。

Fundsを利用する理由

ADWGグループは、資金調達チャネルの多様化、投資家とのコミュニケーション強化を図るためにFundsにご参画いただきました。投資家の皆様へのメッセージを下記に掲載しています。ぜひご確認ください。

注意事項

このファンド特有の注意事項

  • 当ファンドの関係企業と当社の間に「利益相反管理方針」所定の関係はありません。
  • クーリング・オフ制度の適用はありません。
  • 運用開始までの資金を預金にて分別管理します。
  • 決算期ごとにファンド報告書を発行します。
  • 当ファンドでは、借り手が行う事業の成否に直接依存しない形で分配を実現するため、関係会社間のリコースローンを介在させています。
    ※リコースローンの詳細についてはこちらのガイドページ下部をご参照ください。

「重要事項説明書」に当ファンドの条件や注意事項などをまとめています。投資の前に必ずご確認ください。

Fundsで取り扱うファンド共通の注意事項

  • Fundsでは、お客様専用デポジット口座に入金する際の各金融機関が定める振込手数料以外の手数料はかかりません。詳しくは、こちらの記事をご確認ください。
  • 目標金額に達しなかった場合や超過した場合の扱いについては、こちらの記事をご確認ください。
  • Fundsで取り扱うファンドは元本を保証するものではありません。
  • Fundsで取り扱う貸付ファンドでは、借り手が期限前に借入金の返済を行うことができます。この場合ファンドも早期償還となり、借入期間が短くなることで借り手の利息支払額が軽減される結果、配当金も当初予定額を下回る可能性があります。
  • 本ページに掲載された財務情報は、原則として当ファンド公開時点で公表済みの確定した直近の通期決算に基づいています。上場企業であるなどの理由により、ファンド公開日以降に新たな財務情報が公表される場合がありますが、当該情報は各企業のWebサイトや開示システム(EDINETTDnetなど)をお客様ご自身でご確認ください。
  • 本ページに掲載された過去実績の数値は、お客様の将来における運用成果などをお約束するものではありません。
  • 当社は、ファンド組成企業から入手した資料の調査等を行い、財務状況、事業計画の内容及び資金使途等の項目について審査を実施しております。審査の結果、当ファンドの取扱いが承認されております。
  • 投資のお申し込みに際しては、ファンドの詳細やリスク説明、重要事項説明書などをよくお読みになり、内容について十分にご理解いただき、投資判断はお客様ご自身にて行っていただきますようお願いいたします。
FacebookTwitterInstagramLine

貸付ファンドのオンラインマーケットFundsは、ファンズ株式会社が運営を行っております。

ファンズ株式会社 第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3103号
加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会

©Funds, Inc.All Rights Reserved.